東北 地域ブランド総選挙 -2019年09月02日

特許庁は、経済産業省東北経済産業局とともに、地域ブランドの魅力のPRや活性化のために、「東北 地域ブランド総選挙」を開催しています。
2019年9月2日(月曜日)から、地元の学生が地域団体商標の権利者などから取材して、その商品やサービスの魅力をSNS(インスタグラム®)で発信し、コンテストとして開催するというものです。

従来より、特許庁では「地域ブランド総選挙」を開催してきましたが、今年は震災のあった東北での開催となりました。
学生と地域団体商標とのコラボレーションにより地域の活性化を図るとともに、地域団体商標の普及、さらなる活用促進を目指しています。

事業内容
「地域ブランド総選挙」は、地元の学生が地域団体商標権者等を取材し、取材に基づく地域商品やサービスの魅力をSNS(インスタグラム®)上で発信する、コンテスト形式のPRイベントです。
「東北 地域ブランド総選挙」に参加予定の計19の地域ブランドは、以下のとおりです。

青森県からは、風間浦鮟鱇、大鰐温泉もやし、あおもり藍。
岩手県からは、真崎わかめ、江刺りんご、宮古の真鱈、南部一郎かぼちゃ、安代裂き織り、宮守川野菜ジュース。
宮城県からは、塩竃おでん、石巻おでん、石巻お茶菓子。
秋田県からは、秋田由利牛、横手焼きそば、美郷まんま。
山形県からは、山形セルリー、山形名物玉こんにゃく。
福島県からは、会津山塩、土湯温泉。

スケジュール
2019年8月1日(木曜日)「東北 地域ブランド総選挙」交流会
2019年8月~学生による参加団体への取材(各チーム/計4回程度)
2019年9月上旬学生によるSNS(インスタグラム®)展開2019年11月審査により、参加全19チームから10チームへの選出
2019年12月(予定)「東北 地域ブランド総選挙」決勝戦

地域ブランド総選挙(特許庁)https://www.jpo.go.jp/system/trademark/gaiyo/chidan/sosenkyo/index.html

東北の地域ブランドの魅力、本日より発信開始(経済産業省)
https://www.meti.go.jp/press/2019/09/20190902003/20190902003.html

令和元年8月佐賀県豪雨災害義援金募金 -2019年09月02日

2019年8月28日から続く豪雨災害では、佐賀県、福岡県を中心として九州北部などで河川の氾濫や洪水などの被害が発生しています。
さらに、市街地の水没に伴い、工場からの油の流出が、住宅や農業に被害をもたらしています。

被災地の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

中央共同募金会では、今後ボランティアや公共機関により実施される、被災者支援活動を応援するために、「8月九州豪雨災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金(災害ボラサポ・8月九州豪雨)」の募集を開始することとなりましたので、お知らせいたします。

8月九州豪雨災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金 (災害ボラサポ・8月九州豪雨)

また、
ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」(運営=トラストバンク)、ふるさと納税サイト「さとふる」(運営=さとふる)などでも募金の受付が行われているほか、佐賀市内に事務所を置くNPO「ピースウィンズ・ジャパン」、「アジアパシフィックアライアンス・ジャパン」は、災害支援活動に対する寄付を「Yahoo!ネット募金」などで受け付けています。

熊本YMCA震災復興支援募金 -2019年08月28日

熊本YMCA震災復興支援募金
-被災者に寄り添う活動のために-

熊本YMCAでは、2016年に震度7を記録した熊本地震で被災した人々ともに歩み人々に寄り添う活動をしています。
このため、支援を必要としています。

最大震度7の揺れを二度観測した熊本地震は、2016年4月14日の前震発生に続き、本震が起き、この時の被害が大きかった益城町木山仮設団地の地域支え合いセンターを拠点として、居住者の見守り支援活動をしています。
子どもたちの心のケアなどの活動も行っています。

地震で崩れた熊本城の復旧など、物理的な復興は着々と進んではいるものの、まだ被災者に対する継続的なケアを必要としています。

皆様の募金は、下記の活動に使われます。

・仮設住宅での見守り活動・コミュニティづくり
・復興支援ボランティアの受け入れ
・子どもたちの心のケア

各地の復興の様子 -2019年08月28日

2019082101.jpg
写真提供: PHOTO AC

2019082102.jpg
写真提供: PHOTO AC

2019082201.jpg
写真提供: PHOTO AC